ゴールドカードの審査について

ゴールドカードを持つことにはたくさんのメリットがあります。
従って持つことができるのであれば決して損はしないカードとなっています。
しかしこのカードにも他のカードと同じように審査があります。

カードを作る際には他のカードでも審査があります。
従って決して珍しいことではありません。
しかしゴールドカードの場合には、カードの審査基準がとても厳しく設定されているのが大きな特徴です。

従ってカードを作りたくてもこの審査に落ちることが多いのです。
ではこのような厳しい審査に通るためにはどのようにしたらいいのでしょうか。
それにはいくつかの基準があります。

この基準に注意して審査を受ければ通る可能性が広がります。
2000年代前半まではゴールドカードの標準的な入会基準は満30歳以上で年収500万円以上で勤続年数が5年以上でした。
しかし最近は対象年齢を25歳や20歳に引き下げて年収基準を明記しないものが多くなっています。

またカードの利用枠は70万円から200万円と幅が広く設定されています。
これはあまり年収が高くない人でも会員として受け入れますという背景があります。
最近の傾向としては会員に対してのサービスを向上させて、会員数を増やしてカードの年会費による収益拡大を図りたいというカード会社の考えがあるようです。

このような傾向もあって現在ではカードの入会審査基準は低くなっています。
審査基準のポイントは安定して収入があると言うことやクレジットヒストリー、年収と利用可能枠となっています。